通販で抗うつ剤を買う人
抗うつ剤選びに通販がおすすめなワケ   >  抗うつ剤の正しい飲み方

抗うつ剤の正しい飲み方

抗うつ剤を飲む人

抗うつ剤は精神的な病気を改善するために開発されたお薬です。うつ病や不安障害など、精神を侵す病は時に薬を使用した治療が必要です。抗うつ剤は脳に作用するお薬なので、用法用量を正しく守って服用することが非常に重要だとされています。

抗うつ剤は一度飲んだだけで効果が現れるものではありません。長期間継続して服用することで初めて効果が得られるのです。よって、効果が出ないからと言って途中で服用をストップすることはやめましょう。

薬の成分や成分量、年齢、症状の重さによって適切な量を毎日飲むことが大切です。効果を高めたいからといって、決められた量を上回る量を服用すると大変な事態に陥る危険があるため、絶対にやめましょう。

抗うつ剤を服用すると副作用が起こることがあります。眠気や下痢などは割とよく起こる副作用ですが、あまりに酷い場合は、かかりつけの医師に相談することをオススメします。場合によっては、胃薬など併用しても良いお薬を処方してくれるでしょう。

抗うつ剤には、併用禁止薬というものがあります。それは薬の種類によって異なるため、別でお薬を服用している方は、抗うつ剤の服用前に必ず同時に飲んでも大丈夫かどうかを確認してください。

なお、妊娠中や授乳中は赤ちゃんに抗うつ剤の成分が行きわたってしまうことが考えられるため、服用は推奨されていません。抗うつ剤の服用中に妊娠が発覚した際には、直ちに服用をやめて医師に相談することをオススメします。

このように、抗うつ剤の服用にはいくつか注意点がありますが、説明書通りの服用をしていれば問題ありません。抗うつ剤に限らず、医薬品を使用する際には必ず説明書に目を通しましょう。